トルコ民謡:Havada Bulut Yok

「Havada Bulut Yok」、または「Yemen Türküsü」などと呼ばれるこのうたは、第一次世界大戦中、オスマントルコとイギリス+アラブ反乱軍が戦った際にイエメンで戦死したトルコ兵達への哀歌である。兵士たちはトルコ東部のMuşという町からイエメンの戦場に送られたのだが、兵士たちの悲劇を聞いたMuşの住民達によって作られた歌らしい。歌詞中のフェズとは、日本語でトルコ帽として知られる種類の帽子。

Havada bulut yok, bu ne dumandır
Mahlede ölen yok, bu ne figandır
Şu Yemen elleri ne de yamandır
Ano Yemendir, Gülü çemendir
Giden gelmiyor, Acep nedendir
Burası Muş’tur, Yolu yokuştur
Giden gelmiyor, Acep ne iştir
Kışlanın önünde redif sesi var
Bakın çantasında acep nesi var
Bir çift kundurayla bir de fesi var
Ano Yemendir, Gülü çemendir
Giden gelmiyor, Acep nedendir
Burası Muş’tur, Yolu yokuştur
Giden gelmiyor, Acep ne iştir

空には雲がない この煙は何だ
傍近に死者はいない この泣き声は何だ
あのイエメンの地はとても荒れている
向こうがイエメン バラはフェヌグリーク
行く者は決して戻らぬ 何故だろうか
ここはMuş 道は険しい
行く者は決して戻らぬ 何が起こっているのか
兵舎の前の予備隊の声
バッグの中を見よ 何があるだろうか
靴一足とフェズ
向こうがイエメン バラはフェヌグリーク
行く者は決して戻らぬ 何故だろうか
ここはMuş 道は険しい
行く者は決して戻らぬ 何が起こっているのか

試訳:小嵐龍輔


Guitar: Ryusuke Koarashi